お知らせ

NEWS RELEASE

2021.01.29

プレスリリース

【障がい者グループホームの新築物件開発サービス開始】新築物件×物件初期投資削減で事業成功をサポート

 収益不動産を活用した資産運用コンサルティング事業を展開する大和財託株式会社(本社:東京都渋谷区・大阪府大阪市 代表取締役CEO:藤原正明、以下「当社」)は令和3年1月より障がい者グループホームの新築物件開発サービスを開始しました。
 

 
<サービス概要>
対象:障がい者グループホーム運営事業者または運営を検討中の事業者
内容:障がい者グループホーム新築物件開発サービス
   ※運営事業者様のご希望エリアに当社が物件を開発し
    当社又は当社顧客が物件オーナーとなり運営事業者様に物件を賃貸
 

サービスページ:https://yamatozaitaku.com/group-home/

障がい者グループホームとは

障がいのある方が、地域の中で共同生活を行う住まいの場です。単身での生活には不安があり、サポートを受けながら地域で生活をしたい18歳以上の方(学校卒業及び、施設退所者)を対象としています。ホームでは世話人や支援員と呼ばれるスタッフが生活をサポートし、日中は生活介護や就労施設等で外出も可能です。

サービス開始の背景

当社は収益不動産を活用した資産運用コンサルティング事業を展開しており、資産運用ツールである収益不動産の開発や土地活用における建築請負を行っています。不動産建築において一定数の実績があること、また本サービスは企業理念である「地域社会への貢献」の実現に通ずるものであるとの考えから、この度、障がい者グループホーム新築物件開発サービスを開始することといたしました。

運営事業者のメリット

本サービスは「事業を展開したいが物件が見つからない」「中古ではなく新築物件を借りたい」等、主に場所を探している運営事業者の方にお勧めです。
 

1.物件建築、購入が不要なので初期投資が抑えられる
当社が土地を仕入れて建物を用意する為、物件の購入、建築費という初期投資のハードルがありません。
※事業者様は建物を一括で借り上げて頂きます。
 

2.事業者様の希望エリアに柔軟に対応
現在運営している事業所近辺が良い、スタッフを併用して配置できるエリアが良い等、事業者様の出店希望エリアに柔軟に対応いたします。もし希望エリアが無い場合も、賃貸住宅を専門にしている当社だからこそ、土地の特性(需要の有無)を分析の上ご提案も可能です。運営事業者様の事業成功をサポートいたします。
 

3.万全のサポート体制
施設の賃貸だけでなく、運営開始までのバックアップもいたします。運営資金については金融機関の融資サポートも可能です。
 

今後も、サービスを通じて人々の幸せと地域社会、国に貢献できますよう努めてまいります。