INTERVIEW

社員インタビュー

コンサルティング事業部 建築グループ チーフ

高橋 勅光2018年中途入社

語り口ソフトな
一級建築施工管理技士。

トップページ社員インタビュー

コンサルティング事業部 建築グループ チーフ 高橋 勅光

2018年中途入社。語り口ソフトな一級建築施工管理技士。
グッドデザイン賞 受賞歴をもつ、ナチュラルフードを好む一方、甘いもには目がない元ラガーマン。

  • あなたから見た大和財託って
    どんな会社ですか?

    一言でいうと、「理想的な会社」です。非常に優秀で、前向きな社員に囲まれ、不要な上下関係が無いので、要らぬストレスがありません。今まで培った知識や能力をフル活用しながら、さらなる会社の成長を実感し、そして自己鍛錬できる環境です。また、仕事に対する評価も明確で、あらゆる面が「見える化」されており、理不尽さを感じません。「建前じゃないの?」と思うかもしれません。しかし、今まで様々な環境で仕事をしてきましたが、私は確信しています。責任ある仕事を任され、目標に向かい業務に取り組んでいます。社員一人ひとりのプロ意識が強く、そこに大きなやりがいを感じています。

  • 入社の決め手は何ですか?

    電話応対や面接を受けて感じたことは「とても管理が行き届いていて丁寧な会社」ということです。質問等にも丁寧に、しかも明確な回答をもらえ、不安を抱くところがありませんでした。以前、転職した際に「また連絡します」と言われてから一向に連絡が来なく、数度問い合わせてようやく 面接にたどり着いたことがありました。また、今まで数社に籍を置いてきましたが、往々にして「他責」で仕事をしている人が非常に多いと感じていました。責任感を持って仕事に取り組む人ほど仕事量が増えていき、バランスの悪い環境に 大きなストレスを感じていました。そのことを面接で話したところ、「当社は前向きな人が集まっているため、その不安は問題ない」と言い切ってもらえたことも決め手の一つです。

  • 仕事をするうえで一番大切にしていることは何ですか?

    私は現場監督です。現場代理人としてあらゆる事柄に責任があります。現場をまとめるにあたり、「現場はチームである」ということをスローガンに掲げています。自分勝手な人間が集まれば、まとまるものもまとまらず、負のスパイラルに陥ります。他者のことや、次工程を考えながら仕事をすることにより、人間関係含めスムーズな運営に繋がります。『目的は何か?』を常に考え、質の良い建築を提供できるよう努めています。また、以前より、何か問題が生じるたびに「自分の責任」と物事をとらえ対処してきました。それが、取引先のヒューマンエラーだとしても、「自分にできる予防策はなかったのか?」 を第一に考え、常に「自責」で対応し、そして「繰り返し問題が生じない改善策」を考えるよう努めてきました。それに加え、常に効率化を意識しています。一つ一つの効率化が、工期短縮につながり、それが利益へとつながり、整理整頓された現場は安全へとつながり、全てがプラスに廻り始めます。以前より強く意識していたことでしたが、当社に入社してみるとそのことが社訓に書かれており、大和財託を選んだことは 間違いではなかったと確信をしました。

    私はラグビー経験者です。ラグビー憲章というものがあり、仕事にも直結するその憲章を常に大切にしております。
    「情熱」厳しい条件の仕事にも、情熱をもって関わる人を動かし成功に導くことが必要
    「結束」常にチームであることを意識し
    「品位」人として誠実さと公平さを持ち
    「規律」全ての物事は規律に守られていることを意識
    「尊重」お客様、同僚、取引先の方々への尊重は重要
    です。会社の成長、社会貢献、自己成長など目的意識を持ち、昨日の自分より1㎝でも1㎜でも前に前進できるよう仕事に取り組んでおります。

  • 野望や夢を教えて下さい。

    せっかく若い会社に籍を置き、さらに立ち上げて間もない建築事業に携わっているので、今築いているものが大和財託の基礎となり、今後の成長の基盤づくりになれるよう取り組んでいます。将来、会社が成長し、1000棟2000棟着工できるよう、確固たる基礎を固めていきます。

    プライベートでは、海外移住が夢です。言葉もできないくせに、海外生活に昔から漠然と憧れており、奇遇にも妻も同じ意見で「いつからどこに行く?」と空想の世界を楽しんでいます。読書をし、映画鑑賞をし、お酒を飲み、畑仕事をし、ラグビー観戦を楽しみながらのんびり暮らしたいです。