INTERVIEW

社員インタビュー

管理部 財務経理グループ

馬場 愛2017年中途入社

未経験からスタートし、
総合職の切符を掴んだ経理ウーマン

トップページ社員インタビュー

管理部 財務経理グループ 馬場 愛

2017年中途入社。人材紹介会社営業職より転身。経理未経験からスタートし、
様々な経験の中で成果を出し、総合職の切符を掴んだ。
アツい想いは負けない当社筋トレ部部長。

  • あなたから見た大和財託って
    どんな会社ですか?

    前向きで尊敬できる人が多い会社です。私は会社のメンバーをビジネスパーソンとしても人としても尊敬しています。同年代でも高い成果を出しているメンバーは多いですし、上司は私のキャリアを考え本気で指導してくれます。業務職から総合職へキャリアチェンジをしたのですが、それも「より専門的な業務に携わりたい」という私の希望を踏まえて、熱く丁寧に指導をしてくれた上司のおかげです。

  • 入社の決め手は何ですか?

    自分次第で圧倒的に成長できそうな環境だと感じたことです。私は前職では全く違う仕事をしていたため、最初から経理職として働いている方と比べて経理としてのキャリアが遅れています。したがって、ゆっくり時間をかけて業務を教わる環境や、一部のベテラン社員だけがコアな業務を行っている環境で働くのは本意ではありませんでした。当社が少数精鋭の組織であること、IPOを目指していること、そして何より代表が圧倒的に上昇志向であることから私の求める職場はここだと確信しました。実際、入社1年目から決算、監査法人の対応等、責任の大きい業務に関わらせてもらい、成長の機会をたくさん得ています。

  • 仕事をするうえで一番大切にしていることは何ですか?

    仕事の目的を常に忘れずに取り組むことです。この仕事は何のために行うものなのか、この資料は誰が何のために見るものなのか、この目的を達成するために本当にこの業務は必要か。目的を常に意識することによって初めて業務の改善や効率化が図れると思います。財務経理はルーティン業務も多く一般的には裏方と思われがちですが、決まった仕事を受け身で淡々とこなすのではなく、積極的に改善や発信をするように心がけています。例えば、社員が迷わず正しい申請を出せるように各種フォームを変更したり、社内向けにExcelや財務諸表についての勉強会を行ったりしています。

  • 野望や夢を教えて下さい。

    財務経理のスペシャリストになるのが目標です。馬場に聞けば間違いないと信頼されるような存在になりたいと考えています。そして将来家庭を持ったとしても、仕事と家庭をうまく両立し、会社に大きく貢献したいです。簡単なことではないと思いますが、その夢に近づけるよう、今は対応できる業務の幅と質を上げるため、全力で目の前の業務に取り組んでいます。