INTERVIEW

社員インタビュー

大和財託リーシング

井口 紘希2019年新卒入社

「若いうちから活躍できる環境」
を求め入社した
上昇志向溢れる若手社員

トップページ社員インタビュー

大和財託リーシング 井口 紘希

2019年新卒入社。若いうちから活躍できる環境を求めて就職活動をし巡り合った。
5月に内定を得た後はアルバイトとして勤務。入社前には会社に馴染み切った逸材。
現在はリーシング部門で多くの担当物件を持ちオーナーの利益最大化のため奮闘中。

  • あなたから見た大和財託って
    どんな会社ですか?

    大和財託は、ストイックな会社です。代表の藤原を筆頭に社員みんなが仕事はもちろん、社内外のイベント、飲み会、社内サークルなどなど何事にも常に全力で取り組んでいます。また、社内では神は細部に宿るという言葉がよく聞かれます。小さなことにも妥協は許さず、徹底するため そういったところで信頼を得ることができているのだと思います。常に誠実かつ全力で物事に向き合う素晴らしい会社だと思います!

  • 入社の決め手は何ですか?

    入社の決め手は、「人」です。私の人生は常に「人」に恵まれてきたので、「なにをするか」より「誰とするか」を重視していました。就職活動の中で、特に業種を絞らず多数の会社の説明会に参加する中で 大和財託に出会い、代表の話を聞き、また様々な社員と接してここしかないと直感的に感じました。大和財託に出会った瞬間「ここに入社する」と決め、他の会社の選考をキャンセルしたり、内定を辞退したことを今でもはっきりと覚えています。

  • 仕事をするうえで一番大切にしていることは何ですか?

    仕事において最も大切にしていることは、全体像を見ることです。当社では、収益不動産を活用した一気通貫での資産運用のサポートを行っております。一つの視点だけでは、最善の提案や仕事には繋がりません。資産運用というお客様の人生を預かる仕事に携わっているため安易な判断が大きなトラブルに直結することもあります。常にお客様に最高のサービスを提供するため、全体像を見て、判断することを日々心掛けています。

  • 野望や夢を教えて下さい。

    野望は大きな影響力を持った人間になることです。今はまだ微力ではありますが、今後もっと自分の人間力や能力を磨くことで、周囲を巻き込んで大きなことを成し遂げられるようになりたいと思っています。人や社会に大きなインパクトを与え、企業理念にもある、関わる全ての人々を幸せにするということを実現できる人間を目指します!